素敵な書

こんにちは!yukiです!

昨日は暑かったですね~

枚方市が記録的な暑さだったとか

今年も暑いのかしら(>_<)


さて、前回に引き続き、我が家のお宝シリーズ!(勝手にシリーズにしてますが)

今回はコレ ↓↓↓

道観


大きい額縁に入った、この書、さぁ皆様、何て読みますか?

『道観』

同感??

いやいや。

調べると、この意味は道教の館。

逆に読んで『観道』

これは、江戸時代の僧の名前。

ふーん。

じらしてますが、実はこの書『天舟』というペンネームで他界した祖父が書いたものなんです

私は幼い頃からこれを見てて、祖父の造語だと今、調べるまですっかりそう思ってました

『観道』

世を観て、感動し、道を開いていく

私は勝手にこんな解釈をしてました

あ~、素敵(≧∇≦)

祖父から意味を聞いてないのですが、後者の私の勝手な解釈の方が素敵だと思いませんか?

まさか、館の名前ではあるまい。


何年振りかに、綺麗にお掃除しようと、ダンボールの上に寝てもらいました

さ、額も心もピカピカに!!(((o(*゜▽゜*)o)))
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック